Skip to content

モデルスクールで学ぶこと

モデルスクールに入ると、まずは実力や経験などからクラス分けをします。

初級コースの場合、歩く時に必要な筋肉を意識するためのレッスンから始めていき変な癖がある人は治すように指導されます。こうした基本的なレッスンがモデル達の体づくりの基本となるため、初めが非常に大切です。足首や股関節、骨盤の動きを柔軟にするためのストレッチや正しい立ち方など徹底して教育します。基本のトレーニングが終われば、次はウォーキングや表現力を鍛えるレッスンになります。例えば、アップテンポやスローテンポなど音に合わせてテンポ良く歩くレッスンや音の雰囲気に合わせて表現するレッスンがあります。

モデルになるとショーにも多数出演する機会があるため、様々なテクニックを学び見せる力を育みます。また、写真を撮られる際のきれいな立ち方やショーで止まる時の立ち方などのポージングやターン、洋服の見せ方などを学びます。スクールにはその道に詳しい講師が多数在籍しており、数多くの卒業生を芸能界に排出しています。

どのように見せたら魅力的に見えるか、分かりやすく的確に指導してもらうことができます。続いて中級・上級クラスになると、初級からステップアップした方や現役のプロが自己啓発のために通います。そのため、基礎的なことはもちろんのことプロとして必要なスキルを全て身につけていきます。このようにモデルスクールでは、レベルに合わせて様々なことを学ぶことができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *