Skip to content

音楽専門学校の生徒に有利な道

音楽専門学校への入学を検討している人には大きく分けて2つのタイプがあります。

ミュージシャンとして成功したいと思う人と、将来何らかの音楽に携わる仕事に就きたいというタイプです。まず前者のタイプの人が知っておくべきことは、音楽専門学校に入学しても、それがプロとしてデビューできる保証になることは一切ないということです。考えてみれば当然のことで、入学し、卒業することでミュージシャンに慣れるのならば、もっと多くのミュージシャンが存在しているはずです。

実力もなく、努力もしない人には、いくら音楽専門学校にいてもプロになれるチャンスには恵まれません。そういう人は入学させなければ良いと考える人も少なくありませんが、学校側もビジネスですので、学費を払ってもらえるのならばそういう生徒も受け入れます。そもそも音楽は個人のセンスが、ひとつのメロディを生み出すもので、プロに慣れるカリキュラムを学校が用意してくれても、自身の進歩無しではプロになれるはずがありません。

一方で、後者の音楽業界に携わる仕事に就きたいと思う人には、メリットが多くあります。まず、音楽専門学校にはプロの人も含め、業界の人が多く出入りしています。音楽業界と言っても音楽だけをやっていては成立しません。営業や企画、広報など様々な人材が必要です。しかし、業界は業界として確立されたものがありますから、そのような役職でも音楽専門学校の生徒から採用したいと思う企業もあるわけです。
歌手の専門学校のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *