Skip to content

語学留学に行くためには

語学留学とは、その名の通り「語学」を学ぶことを目的とした留学のことです。

言葉を学ぶには、実際にその言葉を使う文化圏に身を置き、実際の生活の中で使っていくことで、実感を伴った学習可能となります。このことから、語学学習を留学の目的として掲げている方は非常に多いと思います。では、語学留学をする場合、どこでどのようにして言葉を学んでいくのでしょうか。

多くの場合、現地の4年生大学や、語学の専門学校などに入り、学んでいくことが一般的です。専門学校の場合、自分と同じような留学生が多くおり、指導やケアもきめ細かく行われています。一方、大学に行く場合は、アカデミックな英語を学ぶことができ、また、現地の学生たちと交流を持つチャンスが多くあります。語学留学では、一週間、文法や読解、聞き取り、作文、語彙など、みっちり言葉について学んでいきます。そのほか、一般的な語学学習のみならず、TOEICやTOEFLなどの試験について学ぶことも可能です。また、ダンスやスキューバーダイビングなどのスポーツやチャイルドケアなどのボランティア活動のように、語学学習以外のアクティビティーも入学する学校によって組み合わせることが可能となります。

さて、留学する際には、どこの国に行くかも非常に重要となってきます。例えば、英語を学びたい場合、アメリカやカナダ、オーストラリアなどが候補となってくるかと思います。アメリカは世界をリードする大きな国のひとつで、都会的な大都市と自然が共存する多民族国家です。カナダは、英語とフランス語が公用語で、語学教育が盛んな国です。オーストラリアは、親日派で豊かな自然に囲まれた国です。このように個性豊かな国々のどこへ行くのか、語学を学ぶ上でも、また、異文化体験の上でも、非常に重要となってきますので慎重に検討したい部分です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *