Skip to content

保育士が給料を上げるためにすること

とても小さな子供の面倒を見なければならない保育士ですが、給料が安いことで知られています。

ただ子供をあやすだけでなく、お絵かきのやり方を教えたり、ダンスを一緒に踊る、子供たちが広場や砂場で遊ぶときに、怪我をしないようつきっきりで見る必要があるなど、仕事はとてもハードですが、得られる対価が少ないと、やる気が徐々に低下してしまうものです。そのような状況で、保育士が給料をアップするのに利用する手段が、転職になります。

ボーナスを多く支給してくれる保育園に転職したり、大学付属のお金持ちの子供が入園するような保育園に転職、福利厚生が充実した公立の保育園への転職を狙うなどが目立ちます。転職は上手く行けば確かに給料が上る可能性があり、有効な手段です。ただし、経験が乏しい保育士では、転職した後に以前の収入よりも低くなる場合がありますので、まずは同じ保育園で経験をある程度積むことに専念して仕事をこなすのがおすすめです。

求人票を細かい部分までチェックすることも大切です。基本給や手当、ボーナスなどの項目がどのような決まりになっているか、よく見比べるようにしましょう。手当がよいところはボーナスが少ない場合もありますので、求人票に公開されている数字に惑わされないように気をつけてください。普段からニュースをこまめに見ておくようにしましょう。保育士や保育園に対する公的機関からの支援が増えるなどの、保育士にとって有益な情報を得られる場合があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *