Skip to content

スイスのブライダルは大自然の中で行われる

スイスのブライダルは、戸籍の制度がないヨーロッパの国でよく用いられる方法で行われます。

結婚することを役所に届け出て、二人の結婚が一定期間新聞などで公示されます。この公示で、重婚をしているなどの異議が出てそれが本当であれば、二人の結婚は許されません。この手続きには結婚する二人と、立会人としてさらに二人を加えた四人分のサインが必要です。これを済ませると、二人は法的に婚姻関係になります。

スイスはおよそ9割の国民がキリスト教を信仰しているので、一般的にブライダルはキリスト教の教えに従います。披露宴はレストランで行われることが多く、参加者がお祝いの言葉を述べたり、ダンスを踊ったりします。スイスでは、ダンスをするときは最初に新郎新婦がソーシャルダンスを踊ります。よってブライダルの前にソーシャルダンスを習得しなければなりません。

費用は昔は新婦側が全額負担していましたが、現在は両方で折半します。スイスでは、新郎新婦へのプレゼントの渡し方が独特です。まず新郎新婦が欲しいものリストを作って、プレゼントを贈る側に渡します。プレゼントする方は、贈るプレゼントにチェックを入れて、次の人にリストを渡します。贈り物がかぶることを防いでいます。スイスのブライダルの魅力は、美しい自然の中で中世のお城も楽しめることです。例えばメッゲンホーン城の庭園からは、ルツェルン湖の先にスイスアルプスの雄大な景色が広がっています。
モデルのスクールのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *