Skip to content

女優の専門学校を選ぶ際のいくつかのポイント

若い頃から女優になることを志しているような人だけではなく、最近では仲間内や地域振興の催しとして舞台や映像作品をつくるために、演技の勉強をする人もいます。

このため、演技を教えてくれる専門学校も多様化が進んでいますので、入学する際には注意して選ぶ必要があります。演技を趣味でするのか仕事とするのかにかかわらず、まず気をつけたいのがその専門学校がどのような分野を得意として教えているかです。

テレビで毎週放送されているような現代劇や歴史を舞台にした時代劇、あるいは未来を描いた空想科学ものなど演技をする劇にもさまざまな種類があります。いくら立派な設備が整っていて、生徒の数が多くても、自分が学ぼうとしている演技とは異なる分野の専門学校を選んでは意味がないので注意しましょう。もう1つ、入学する学校を決めるときに気をつけたいのは演技指導のレベルです。

レッスン料も支払い、ある程度の時間をかけて通うのですから、少なくとも自分が満足できるだけの指導力がなければ、女優として活動するための基礎も学べません。間違いのない指導力をもった学校かどうかを見極める大きなポイントは、講師陣の顔ぶれです。

実際にレッスンしてくれる先生たちの中に、現役もしくは元役者ができるだけ多く含まれている学校を選ぶのが得策です。そして、できるだけ著名な女優が在籍しているところを見つけましょう。たとえ、その講師の方が来校する機会が少なくても、直接話を聞き指導を受けることは、将来女優として活動するうえで大きな財産となるはずです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *