Skip to content

女優になるための専門学校について

女優は主に二種類に大別されます。

まずはドラマや映画などの映像分野で活動する人であり、もう一つは舞台で活動を行う人です。女優になる方法に関してですが、まず芸能事務所に入ることが日本における条件となっています。芸能事務所に所属することで、オーディションなどを受けやすくなるためです。

二つ目に劇団に入るという方法があります。こちらは主に舞台で活動したい人にとって適している方法です。有名なのは宝塚歌劇団や劇団四季などで、年間を問わず人気があります。最後に、養成所に入るという方法でここで基礎的なレッスンを身につけてオーディションを受けることで芸能事務所や劇団などに入るためのステップとします。

専門学校は、養成所と同等の扱いかさらに一歩手前の位置です。いきなり女優の現場に飛び込むのは怖いという方は養成所または専門学校が推奨されますが、いずれにしても最終的にはオーディションに合格しないと難しいということからかなり合格確率は狭いといえます。専門学校に通う学費に関しても、かなり取られる傾向がありますので苦労しながらバイトと両立して目指すことになりなかなか難しいでしょう。

専門学校の授業では、発声・演技力・表現力・舞台・ミュージシャンになる為の各種ダンスレッスンなど幅広い実力を身につけることができるのがメリットです。舞台か映像かどちらを考えるにしても、まずはステップアップとして活用できるのであればこちらに通うのがおすすめといえます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *