Skip to content

音楽専門学校の選び方のポイント

音楽を専門学校を出たからと言ってミュージシャンになれるわけではありません。

ミュージシャンになれない可能性の方が高いです。それでも音楽の専門学校に行く価値はあります。プロの音楽家から指導を受けられるからです。この種の専門学校を選ぶときは、まず講師の質に注目しましょう。有名な講師が教えているところではなくて、良い講師が熱心な指導をしてくれる学校を選びましょう。よく知られたミュージシャンが講師をしている学校もあります。有名だからいって、指導がうまいわけではありません。知名度よりも指導の技術で選んだ方が良いです。

生徒の能力を引き出して、それに磨きをかけてくれる先生のもとで、勉強すれば、自分の技術も向上していきます。部外者が講師の質を見極めるのは簡単ではありません。しかし、その学校の卒業生の進路を見たら、講師の質はある程度分かります。卒業生に活躍している人が多かったら、講師の教え方がうまいと考えられます。学費もこのタイプの学校を選ぶときのポイントになります。

学費は一般に高めで、父兄の負担になりますが、奨学金をいろいろと用意している学校があります。奨学金の中には、返済不要のものもあるので、それをもらえたら負担が小さくなります。奨学金のことは学校のホームページに記載してあるので、それを注意深く読みましょう。専門学校に2年間通うのだったら、遊びはほどほどにして勉強に打ち込む必要があります。出欠が甘い学校ではなく、厳しいところを選ぶようにしてください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *