Skip to content

ダンスは専門学校で一から学べる

テーマパークのパレードやパフォーマンス集団のメンバー、アーティストのツアーに帯同するプロダンサーなど、ダンサーとしての活躍の場は無数に広がっています。

基礎的な動きから本格的なダンスレッスンをして将来プロとして生計を立てたいなら、専門学校に入学するのが近道です。芸能系の専門学校にダンス専攻のコースが必ずと言ってもいいほどあるので、進路実績や講師の経歴を参考にしたり、体験入学でその学校の空気やレッスン内容を見て進路を決めましょう。

体型的にダンスを学びたい人も、特定のジャンルを学びたい人のどちらにとっても良い専門学校の見分け方ですが、まず在籍している講師の専門にしているダンスのジャンルがどれだけあるか見てみると分かりやすいです。クラシックバレエやジャズ、ヒップホップと言った定番のジャンルが揃えられている他にも、テーマパークに就職を希望する人の為の表現や踊り方などを指導してくれる講師がいれば進路の幅が広がります。

途中で入学時とは違ったジャンルに興味がわいた時にも方向性を変更しやすいです。専門学校は実習の授業数のボリュームを重視する傾向が高く、確かにこれは実際に大事なことですが、自分が取り組んでいるダンスのことを知識としても頭で理解している方が、より吸収しやすくなります。自分の表現力の追求や振り付けなどクリエイティブな探求もしやすくなるので、学術的に舞踊ということについて知ることができる専門学校だと将来役に立つはずです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *